裸の作文・運珍をもらした話

裸の作文・運珍をもらした話

しばらくしてないな~って思ってさ。
そしたら急に文章を綴りたくなった。

あの感覚。
なつかしいんだ。

いやいや、一応さ。
毎日更新のグルメブログなんだから。

運珍もらす話なんて自粛すべきだよね。
それとも割り切って、カテゴリーのカレーに入れちゃう?

さておき、なんとなく、
最近もらしてないな~って思ってさ。

最後はいつだっけって回想さ。

たぶんね、高熱出した病院が最後。
看護師さんに、ケツに注射打たれたんだ。

その瞬間。
ピュって♡

いや~、俺はなんで運珍の話をしているんだか。
みんなグルメ情報知りたくて、今日も来てくれたんでしょ?

裸電球が最後に運珍もらした話なんてどうでもいいよね。
でも始めた以上はやめられない。



一番辛かったのは、
これもお腹壊してるときなんだけど、
キャッチボールだね、あれは忘れられない。

投げた瞬間ならまだしも。
ボールを受けた瞬間に、ピュっ!

人生において。
やめるのと、やめさせられたのが、大きく違うように。
投げるのと、受けるのは天地の差。

小学生が「用事」なんてことほとんどないくせに、
ちょっとこれから用事がって、肛門おさえて帰ったんだ。



さて。
今日は危なかった。

裸電球は毎日、ウォーキングをするんだけど、
動くと、したくなるのってわかるでしょ?

それが、昨晩の生焼けのホルモンのせいか、
グリグリくるわけよ。

ハウ~ってなってきて、
公衆トイレを探すも、ちょうどないエリア。

家までできるかぎりの小走り。

玄関のドアを開ける!
トイレはすぐそこ!

時間がない、靴は…脱がない!
そのままズカズカ!!

便座を開ける。
ズボンを下げる!

腰掛ける寸前。
便座から、数センチのところで。

パラダイス銀河。

危ない、危ない。
誰も、こぼれてない。
何も悪くない。

でも、数センチ。
俺の尻と便座には距離があった。

時空を超えてきたぜ。
はあ。

朝からグルメブログで運珍の話って。
ないわ~。。

終わります。

HADAKA DENKYU

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
まあ、キレイなブログなんて興味がないよね。パンクでありたいよね。

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA