鈴木徳太郎商店で望来豚を堪能

鈴木徳太郎商店 (札幌市中央区南5西2第7グリーンビル1F)

旭川に住み、旭川で働いている裸電球。
しかし、息抜きが必要になる時が不意にある。

そんな時は仕事が終わってすぐに車を走らせ札幌へ。
宿をとり、ススキノに繰り出すのだ。

趣味と呼べるような代物はないのだが、強いて言うなら『はしご酒』
行ったことの無い店をフラフラと渡り歩く。
旭川でも日常的にサンロクに出没しているのだが、
ちょっと環境を変えるだけで、次の日からのヤル気が違う。

裸電球ぶら下げて-鈴木徳太郎商店 ロング

今回は評判の高い『鈴木徳太郎商店』へ。
元気のいい、大繁盛の居酒屋だ。
カップルあり、サラリーマンあり、大学生ありと年齢層も幅広い。

店内は昭和な雰囲気で活気がある。
店員さんも大きな声で気持ちがいい、居酒屋では大事なこと。

裸電球ぶら下げて-モーライ豚 説明


お店をここに決めたのは、食べたいものがあったから。
何かと噂を聞く、看板メニューの『望来豚』ってやつね。

北海道の厚田村で飼育されている豚ちゃん、
なんでもこのお肉を扱えるのは生産者が定めた特約店だけだそう。

これをやきとん、いわゆる豚串でいただく。

$裸電球ぶら下げて-鈴木徳太郎商店 モーライ豚 ネギ塩


よっしゃ!
疲れたカラダに鞭打って、車走らせてよかった!
美味いじゃないの、モーライ豚!

脂が甘く広がるも、臭みはない。
それに加え、サラッとしているのでクドさも感じないときたもんだ!

炭火でじっくりしっかり焼かれていてビールの進む逸品!

$裸電球ぶら下げて-鈴木徳太郎商店 焼きそば

さて、これで次の店ってな具合に、落ち着きのない飲み方が得意。
しかしこの日はいい時間だったので、腰を据えて飲むことに。
モーライ豚がうまかっただけに、期待も高い。

メニューの中でオススメになっていた焼きそばをオーダー。

カウンターに座ると調理しているところが見える。
ソースの焦げるいい香りが鼻先をくすぐる。
味はそのものズバリな感じだが、居酒屋の中では美味い方だと思う。

$裸電球ぶら下げて-鈴木徳太郎商店 餃子

これうまかった!焼き餃子!
優しい甘みがサイコー!ニンニクもサイコー!
ハイボールとやったけど、がぶがぶいっちゃったね。

量もなかなかで、大満足。

鈴木徳太郎商店、人気の理由がうなずける!


北海道食べ歩き ブログランキングへ

HADAKA DENKYU

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA