札幌で出会ったまさかの店名!!その名も「煮」

(札幌市北区北7条西4丁目)

札幌出張、機材購入。
今回はパソコンのスピーカー。

いろいろ聞き比べて、
結局、いつものBOSE。

値段も手頃だし、コンパクトだし。
さて、昼ごはん食べて。

せっかくだから洋服でも見て帰ろう。

ん?ちょっとまって!

札幌駅の北口を出たところ。
こんなお店あったかな~。

看板に一文字。
「煮」って書いてある。

どうみても「煮」だ

札幌シティー。
おそるべしだぜ。

しかもお店は地下。
うん、なかなかハードルの高いお店だこと。

このブログの鉄則。
確認しましょう。

「困ったら潜れ」
名店は地下にある。

ほらみたことか!

だから食べ歩きはやめられない!
老舗に見える佇まいだけど、オープンは最近らしい。

それでこの雰囲気でるんだから、
やっぱりこの店には、なにかあるぞ。

1年、365日グルメ記事を書いていると。
野生の勘ってやつが出てくるもんさ。

ひと口ボージョレ

たまらないボージョレな誘い。
でもさすがに昼から飲むのはヌーボーなので、
なんとか我慢したヴィラージュ。

500円の鮭炒飯

ワンコインメニューが日替わりであるんだね。
本当は「煮」だけに肉じゃがあたりを食べたかったけれど、
売り切れ…人生は厳しいね。

サーモン丼に後ろ髪をブチブチひかれつつ、
今日は炒飯気分さ。

パラパラでうまい!

ほらみたことか!
やっぱりここ、うまい店だよ!

楽しくなってきたぞ。
北区の人はずっこいね。
オフィスも多いし、最高のランチだよ。

もう「煮」のためにこの辺に就職しようかな。

「弊社をなぜ受けようと思ったのですか」
「いや…大変申しあげにくいのですが…」

「同じような仕事の企業もたくさんありますし」
「おっしゃるとおりです…」

「志望動機をお聞かせください」
「近所に煮があるからです」

「私も昼は煮です」
「おお、兄弟!このあと是非一緒に!」

頭がこんがらがる

最高だぜ!!
煮の焼物に、煮の揚物!

恐るべし「煮」

せっかくだから煮物だよね。
居酒屋メニューの中から、
単品で追加しようかな。

茄子の含め煮

これが。。。。
いや~、自分だけの宝物にしたい!

衝撃だったね。
煮物ってこんなに美味しいの???

思わず、女将さんにこの感動を伝える。

「煮物職人が作っていますから」と教えてくれた。
この道、40年以上のベテランだって。

どおりで…。

ほんとうまい

これね、まさかの。
煮物のためだけに札幌来ちゃう予感がプンプンだね。
肉や魚など、他にも煮物はあるみたいだし。

店内の昭和な雰囲気も、
一見さんが入りづらい地下ってところも。
職人気質なご主人の様子も。

うん、素敵なお店。
次は夜だ、日本酒とやろう!

HADAKA DENKYU

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
困ったら潜れ!!躊躇するな、勇気を出せ!

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA