私はラブ!超個性派の、超こってりの、青のれん!

青のれん(旭川市豊岡6条4丁目)

あなたはどっち派?
ここは好き嫌いが完全に分かれるでしょう。

なんかそのスタンスに、
山岡家的な魅力を感じている今日この頃。

私は、店の雰囲気、接客、味を含めて、
完全に、青のれんラブなわけで。

青い暖簾がないのもラブ

だってないんだから!
店名なのにないんだから!

裸電球なら、
一番最初に暖簾用意しちゃうよね。

でも、しない。
そこ、ラブ。

メニューもラブ

とんこつに、とんからに。
とんしおに、とんこくに。

類は友を呼ぶって言葉。
その通りだと思うよ。

裸電球の友達たちは、
このメニューの段階で、行きたくて震えてるはずさ。

背脂フェスティバル

はい、これも最高。
かなりのこってりスープだよ。

背脂で白濁していてたまらない。
市内でもズバ抜けたこってりだろうね。

でも味わいは、意外にもさらりとした印象。
いいね!

店主は寡黙な感じ

きっとどんなに通って常連になっても、
この距離感は変わんないだろうなって印象。

いいわ~、青のれん。
完全に万人受けしない感じ。

「一部の好きな人だけ来たら?」な雰囲気。

麺だってね、
ちょっとダマになってるんだけど、
もう、それも含めてラブ。

フライドガーリックだし

こってりスープをガツンと引き立てる。
これもまたいいね。

ほんと、
こういうと申し訳ないけれど、
10人中、3人が熱狂的になるラーメンだと思うよ。

悔しいかな。
いつだってその3人に入ってしまうんだから。

これだけは言わして!

あんまりラーメンは食べ歩いていない裸電球だけど、
ここのチャーシューは、市内トップクラスだと思うよ。

なんだこれ、めっちゃうまい!
柔らかさ、味付け、絶妙だったね。

肌で感じたらいい

よくあるラーメン屋さんとは違う、
青のれんの雰囲気を。

そして提供される、振り切った一杯を。

裸電球は、ラブね。

HADAKA DENKYU

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
次はとんからにチャーシュー丼、絶対これにする!

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA