ホワリと温もりを感じたんだ、ルイーズ

ルイーズ(旭川市4条通6丁目)

とことこ。
サンロクを歩くよ。

みよしのでもつまんで帰るかな。
4条の角を曲がり、駅方面へ。

ルイーズの前。
ただならぬ気配を感じる。

なんだ、なんだ!

あっ、もしかしてこれが「霊感」ってやつか?
ちょっと一発、写真撮ってみようか!

パシャ!

う~ん。
いつものシャレオツなルイーズだ。

気のせいか。

せっかく写真を撮ったんだし、
ちょっと寄ってみよう。

お上品バージョンでいただく

綺麗だな~。
カウンターで飲んでる方もオシャレな人ばかり。

リュックサック背負ってきたの、
裸電球だけじゃん!

みんなリュックにしたらいいのに。
色々入って超ラクチン。

赤をゆっくり傾けて

いつもは神様に「天国の門」を開けてもらうからね。
あっ、天国の門ってのはルイーズの入り口ね。

なんと、今思いついたことを、
平気でいつも言っているようにまとめてみたんだ。

そう、神様に連れてきていただくからさ。
今日はなんだか心細いな。

手持ちぶたさで、
さっき撮った写真を見てみる。

ん?なんか光ったような

デジカメのモニター。
なんだか一瞬光った気がしたんだ。

お店の照明が反射したのかな。

ん??
違う!!
なんか写真に浮かんできたぞ!

なんだこれ!
ただの外観だったのに。

神様が写真撮ってる写真に!

うわ!
ハイレベルな「奇跡」をお示しに!

すると耳元でいつもの声。
さっきまで空席だったのに。

降臨されているではないか。

よかったらどうぞ

「あっ、神様いつのまに??」
「私ですか~、ずっといましたよ?」

「いやいや!今日は私ひとりでしたから」
「ああ、そんな小さい話ではありません」

「…といいますと?」
「君が生まれた時から、ずっと私は一緒にいますよ」

まあ食べなさい

「一人で珍しいじゃないですか」
「はぁ、実はそうなんです」

「何か悩んでいる、そうでしょう?」
「わかりますか、嘘はつけませんね」

「ホーホッホッホ、ココロの隙間、お埋めしましょう」
「そんな喪黒福造チックな」

いいから飲みなさい

「生きていれば悩みはつきものです」
「そうですよね」

「明日があるさ、明日がある」
「まさか歌わないでしょうね」

「♪若~い僕に~は夢がある」
「歌わせませんよ!」

それにしても神様

話しかけたつもりが、あれ?
いない。

慌てて周りを見渡すも、いない。
でも、ココロの隙間は埋まっていて。

静かに雪が降ってきた。

HADAKA DENKYU

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
店を出た瞬間に「ドーーーーン!」されたらどうしよう

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA