アジア金星堂だけど内容は下富良野

アジア金星堂(旭川市東5条11丁目)

目隠し。
プライバシーの保護のため。
いや、強烈な個性を隠すため。

色々なキャラが見え隠れするこのブログだが、
初期に登場し、しばらく登場していない彼。

お忘れではないだろうか。
そう、下富良野だ。

スパイス求めて「アジ金」

週に1回は必ず食べるからね。
そりゃ、ブログへの登場頻度も高くなるよね。
しょうがない、好きなんだから。

なんなら週に2回ってことも。
そういうときは写真すら、撮らない。

チキンビンダルーで汗!

サウナ感覚でね。
アジア金星堂の中では、辛い方のカレー。

スパイスがギンギンにきいている。
ああ、うまい!
あっついぜ!!!

久しぶりの登場

どうもこんにちは、下富良野です。

彼は中富良野出身。
裸電球が誰かに彼を「富良野出身で」と紹介すると、
それはそれは小さい声で、

「中です…中富良野です」と訂正してくる。

生意気な!
お前に「中」は早すぎる、「下」からやり直せってことで
下富良野。

同棲中の下富良野

彼女の手作り弁当で、
少しずつ減量に成功し、アゴのラインが出てきた。

夜も飲み歩くことなく、
まっすぐ家に帰る真面目っぷり。

私生活もしっかりしている、見上げた若者なのだが。
テキーラを飲むと豹変するのだ。

ホロホロのチキン

うまい!
でも今日は触れずに、下富良野を豹変させちゃうよ。

これは外国人バーでテキーラを数杯かっくらった時の話。
店内にはイケイケの青年アメリカ人がいたんだ。

仮に彼を「サム」としよう。

サムはグラス片手にフロアを縦横無尽。
女の子を見つけては話しかけ、時折、腰に手を回す。

その様子をじっと見つめる下富良野。
あっ、サムに歩み寄る!!

「は~い、プレイボーイ!」

は…話しかけた!
中富良野の農家の息子が、話しかけた!
日本人にだって、話しかけないのに!

テキーラの魔力。

トロトロのたまご

スープと一緒に食べるとうまいんだ!
でも今日は、さっさと下富良野に恥をかかせてしまうよ。

「は~い、プレイボーイ!」

まず反応したのは、ナンパされていた日本人の女の子。
変な小太りの男がやってきたものだから、
そそくさと逃げて行く。

残ったのは、狩りに失敗したアメリカ人の若者・サムと、
邪魔した下富良野。

空気はサイアクだ。
どうする、どうする下富良野!

マンピーには触れず

いいね?
今日は下富良野ってことで。

同棲している彼女はいるものの。
やっぱり若い下富良野。

ナンパするサムの姿に火がついた。

女の子集団を守ろうとしたのか、
それともマンピーの誘惑に壊れてしまったのか。

どちらであっても狩りに失敗したサム。
憤りの表情を浮かべている。

その静寂を…下富良野の一言が破る!

「僕、英語しゃべれるようになりたいんですよ」

素朴か!!!!!
どんだけのびのび育ててもらったんだ!
お父さんとお母さんに感謝しろ!

英語しゃべりたい人

いいぞ、いいぞ下富良野!
日本人の女の子も会話を邪魔されてドン引きだったぞ。
その調子だ、お前は「下」からやり直せ!


ちなみにサムはその真っすぐな問いに、
日本人顔負けのイントネーションで、

「はぁ…そうですか」と答えたんだ。

HADAKA DENKYU

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
下富良野を応援するクリックはこちら!

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

2 件のコメント

  • 地名にありそうですね。
    アジ金行ってきました。いやぁ感動的な美味しさでしたよ。
    裸電球さんが足しげく通う理由が分かりました。
    中毒性がありますねー

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA