エペルネで神様を捕まえた

BAR エペルネ(旭川市3条通6丁目)

これはある日の物語。
信じるか信じないかは、あなた次第。

私はさんろくをいつものように飲み歩いていた。
独酌ハシゴ酒。
さて、次はどの店のカウンターで飲もうかな。

そんなタイミングで電話が鳴る。

プルルルル。

プルルルル。

プルルルル。

下富良野から電話だ。

エ…エペルネに来てください

どうしたことか、慌てる下富良野。

ああ、面倒くさいが彼のことも説明しよう。
「下富良野」とは裸電球の後輩で、中富良野の出身なのだが、
お前なんてやつは「下」からやりなおせってことで。
下富良野。

捕まえたんです!

何を言ってる、下富良野。
酔っぱらいのお前の相手などしていられないのだよ。

「は…裸電球さん!捕まえました!」
「何をだよ、下富良野…」

「神様です!神様を捕まえました!」
「…触れたのか?」

「はい、確かに!まだ捕まえています!」
「いいぞ!その手離すな、下富良野!」

これは奇跡である

このブログによく登場する「神様」は、
いつも私たちを美味しいお店に「いざなって」くれる存在なのだが。

写真を撮ることはおろか、
触れることなど、到底できない方なのだ。

それをあの、何の取り柄もない下富良野が、
捕まえただと!!

急いでエペルネへ!

ハアハア!
無事か、下富良野!

その光景に。
私は自分の目を疑った。

確かに。
何をやってもダメな下富良野が、
しっかりと神様を捕まえているではないか。

説明しよう。

下富良野の「不浄」極まりない手に握られたことで、
神様はすっかり「神々しさ」を失ったという訳だ。

今がチャンス。
写真を撮ろうとした瞬間に。

神様は最後の力を振り絞ったのだった。

ぐはっ!眩しい!!

神の怒りに触れてしまった。
素早く下富良野の手を振り払い、

スッとシャンパンを一気飲み。

「やあ、裸電球ちゃん」
「か…神様、大丈夫ですか?」
「君の後輩はしつけがなってないね~」
「す…すみません!」

「私がしばらく預かるよ」

その後、下富良野の姿を見たものはいない。
まさに「神隠し」なのだ。

深夜のカワイビルから、
何の取り柄もない下富良野の泣き声が聞こえるという。

信じるか信じないかは
あなた次第。


HADAKA DENKYU

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
ここをクリックしてください!ベスト5に入ると下富良野が戻ってくるかもしれません!

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

4 件のコメント

  • 毎日楽しく読ませてもらっています。現在の富良野市は、昔「下富良野」と言われていたそうです。なんで、下富良野さんも、ベスト5に入ると富良野に昇格するんでしょうか?(笑)

  • >切れた電球さん、いつもありがとうございます!下富良野はベスト5に入った場合、富良野をとって、ただの『下』になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA