もつ串といえば「えぞや」でしょ

えぞや(旭川市3条通4丁目)

週に1回はえぞやに行かないと壊れてしまう。
裸電球、旭川の焼き鳥で一番食べるお店。

ここは何食べても安くてうまい。
店内もほぼ満席で活気があるのもいい。

$裸電球ぶら下げて-えぞや 外観

えぞやといえば、このオレンジに輝く外観。
サンロクのはずれにひっそりと。
しかしながらはっきりと輝くお店。

$裸電球ぶら下げて-えぞや オレンジ

まるでパブロフの犬。

オレンジ色見るとえぞやが食いたくなる中毒者。
深みのあるこの色、「エゾヤオレンジ」とでも名付けようか。

えぞやでザッと注文する。
焼き上がりが早いのがこれ。

裸電球が頼むラインナップではこれからはじまる。

裸電球ぶら下げて-えぞや さびやき

さび焼き、これ絶品。
中は完全に火を通さず、もちろん半生の状態。
えぞやの号砲だ。

裸電球ぶら下げて-えぞや もつ

見てみて、この並び。
えぞやのシゴトは焼きから並びまで、きれい。

ここに来るお客の目当ては「もつ」
ちょっと遅い時間にいくと売り切れってこともよくある。

裸電球は北海道美唄市出身。
「美唄焼き鳥」と呼ばれるもつで育ってきた。

なので、もつにはちょっとうるさいのだが、えぞやはサイコー。
美唄のそれよりも小振りではあるのだが、全く問題ない。

なんなら美唄のが大味すぎるんだ!!

書いてると食べたくなる。
今夜あたり「エゾヤオレンジ」見に行こうかな。

裸電球ぶら下げて-えぞや 新子焼き


新子もうまいし…。


北海道食べ歩き ブログランキングへ

HADAKA DENKYU

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA