買物公園で愛される老舗和菓子屋「にちりん」の出来たて大福をほおばった話【旭川市】

お菓子 にちりん
(北海道旭川市8条通7丁目)

旭川駅前のメインストリートに
「買物公園」って通りがあるんだけど、
その道をまっっすぐ進んだ最後の方。

「手の噴水」の前に、昭和30年代から続く
老舗の和菓子屋「にちりん」さん。

お店の看板でもある、
もふもふの大福目当てに行ってきたよ!

昭和30年代から愛される名店!

思わず敬礼したくなる店構え

旭川市民ならお馴染みだと思うけど、
初めて来た人でも
「間違いなく美味しいっしょ!」な雰囲気感じるよね。

昭和30年代からずっと愛されてきた歴史が、
外観からもビシビシ伝わって来るよ。

「お菓子 にちりん」の文字が
なんとも可愛くてオシャレ!
あんなフォント欲しいな〜

清く正しく美しく

なんとも実直さがにじみ出る店内。
丁寧なお仕事されてるんだろうな。

明るい女性の店員さんが接客してくれたよ。

「写真撮らせてもらっていいですか?」って
お願いしたら、
「いいですよ〜隠れますね!」って
快く隠れんぼしてくれた。

店員さんと話すのが楽しくて
お店に来ている人もいるんじゃないかな。

あんこ好き寄っといで!作ったばかりの大福やどら焼きだよ〜

昼頃ですでに売り切れも

和菓子屋さんだからね、
作りたてのお餅をゲットしようと
たくさんのお客さんが来ていて。

それでも昼頃おじゃましたのに、
すでに「のし餅」と「ブランデーケーキ」が
ソールドアウトだったよ。

「にちりん」さんの人気、根強いわ〜!

袋パンパンな「どらやき」も美味しそう

生地が大きいのか、あんこが多いのか。
とにかくまん丸で美味しそうだったな〜

どうしよっかな〜って迷ってたらさ、
元気なお姉さんが、
「どらやきもいいけど、こっちにしな!」って。

さぁ、何をオススメしてくれたのでしょうか???

実は一度閉店した過去も。旭川のNPOがピンチを救った!

旭川全市民が泣いた

先代が高齢と後継者不足から
お店閉めるって聞いたときはね、
石狩川が氾濫するんじゃないかってくらい
みんな号泣したもんだよ。
(確かにそれくらい悲しかったけど…)

そしたらさ、
にちりんの和菓子をなくしてはいけない!って
旭川のNPOがお店を引き継いでくれたんだ。

いやぁ、本当に嬉しかったよね。

「にちりん」さんの裸電球セレクトはこちら!

よもぎ大福(つぶあん)

「にちりん」さんに来たら、
よもぎ大福は食べてみてほしい!

色鮮やかなグリーンが美しいね。

口の中が春です

外で雪が降ってようが、
暑くてカンカン照りだろうが、
「にちりん」さんのよもぎ大福を食べたら
いつでも気分は春!
それぐらい、よもぎの風味が素晴らしい!

あんこも甘さ控えめで、うまぁ〜〜

豆大福(こしあん)

甘さを控えたあんこと、
いい塩梅にしょっぱい豆の相性がもう!

甘いのに塩足すと、さらに美味しくなるって
発見した人、尊敬するわ!

ちゃんと賞もらってるんだよね?
ブラボー!!

はみ出るあんこ

フェチにはたまらないでしょ。
今すぐ吸い付きたくなるでしょ!

さぁ「にちりん」さんへGO!!

くるみ大福

焼いたくるみがザックザクで香ばしや〜!
中身は白あんだよ。
ちょこっと隠し味で「味噌」が入ってるんだって。

お餅の食感も、やっぱり違うな〜

お姉さんオススメのお菓子

「しらかば」って名前のブッセだよ。
もっこり、ほわほわ。
手作り感が伝わるフォルム。

あんずジャムをサンド

甘酸っぱさが絶妙なあんずジャム。
どこか懐かしさを感じる味だね。
シンプル イズ ベストって言葉を思い出したよ。
お姉さん、ありがとう!

ってなわけで、買物公園で古くから愛される
和菓子屋「お菓子 にちりん」さんをご紹介しました!

添加物は使わず、賞味期限は当日中。
スーパーなどにも卸してないので、
お店でしか手に入りませんよ!

手土産にも喜ばれる、美味しい和菓子。
久しぶりな方も、初めての方も、ぜっひー!

お店情報

お菓子 にちりん
北海道旭川市8条通7丁目
電話番号:0166-22-2094
営業時間:9:00~16:00
定休日:土日祝日
※情報は変更になる可能性があります。

HADAKA DENKYU

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。