おいしんぼハウス。この言葉の持つ破壊力よ!「レストラン小政」でランチ【北見市】

レストラン 小政
北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉172-1

北見からの帰り道。
留辺蕊で迎えたお昼時。

この辺でランチとなると、
どこがあるのかな~。

こういうときに、
あんまりネットで検索しない。
車でウロウロ。

あ、見っけた!
こういう探し方のほうが、
地元に愛されている店に巡り会えるよ。

看板見つけて即決した北見のレストラン!

貴重なランチスポット

町中すべてを見て回ってないけれど、
きっとこのあたり、
そんなに外食できるとこないのでは。

すぐに見つかって良かったよ!
レストラン小政(こまさ)
今日はここで決定だね!

こんなん書かれたら

どんな人だって、
入っちゃうよね。

おいしんぼハウスだよ!
なんて耳に残る言葉。

くいしんぼの裸電球。
そんなこと書かれたらもう!

この世の料理すべて

裸電球が、
さあ、昼に何食べようかなって考えるときの、
全てが網羅されたメニュー表。

これは、この世の料理の。
縮図です。

(ほんと大げさ)

悩んで頼んだコレが大当たりだった

メンチカツ定食

はいきたこれ!

あまりの嬉しさに、
額に汗をにじませて、
オクラホマミキサーをひとしきり踊りきり、
やっと平常心さ。

メンチが2個だぜ!

なんでさ!
普通は1個でしょうが。
これ、サイズも小さくないからね。

あああ。
だめだ。
嬉しさをまだ表現しきれてない。

ちょっと、もう一回、
オクラホマミキサー踊るわ。

「※北きつね牧場」あたりまで行って戻ってくる!

※キツネが放し飼いのカオスな観光名所

漫☆画太郎先生式 コピペブログ

レストラン感のある野菜

なんていうのかな。
この感じ。

僕らのレストランの原風景。
(いや、それは意味わからん)

そんな盛り方の野菜さ。

レストラン感のあるライス

なんていうのかな。
この感じ。

僕らのレストランの原風景。
(いや、それは意味わからん)

そんな盛り方のライスさ。

レストラン感のあるスープ

なんていうのかな。
この感じ。

僕らのレストランの原風景。
(いや、それは意味わからん)

そんな注ぎ方のスープさ。

新ブログでもふざけだした、裸電球。

北見で昭和28年から続く老舗レストランを是非!

地域に愛されるお店だ

ということで、
北見エリアから、レストラン小政さんでした。
めっちゃ美味しかった!

ラーメンをズズズのズーしてる、
ステキな女子もいたね。
なんであの子、一口くれなかったのかな。

あんなに欲しそうな瞳で、
ジッと見つめていたのにさ。

HADAKA DENKYU

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。