強烈な店名に誘われて。「お好み焼き専門セルフ酒店なにわ」って何だ?どうしたらいいんだ??【紋別市】

お好み焼き専門セルフ酒店 なにわ
北海道紋別市本町6丁目4−20

紋別の夜は続くよ。
桜スピリッツを出たところ。

おいおい。
なんて気になる店名だよ。

お好み焼きの店ってのはわかるけど。
「セルフ」ってなんだろう?

自分で焼くってこと?
いや、そういう店は珍しくないよな。
怖いけど、怖いから。
吸い込まれるように入店しちゃった。


紋別の個性派!果たして「セルフ」とは??

勇気いるね

この外観よ。
紋別の夜を楽しくしてくれるぜ。
お好み焼き専門セルフ酒店 なにわさん。

ドキッとする方がテンションが上がる。
飲み歩きの男、裸電球でございます。

さて、どうしましょ。
もちろん、入ります。

セルフとは「自分で酒を取る」スタイルだった!

なるほどね!

お店は関西出身というご主人が、
1人で営業されていたよ。

席について
いつものごとくビールを注文したところ。
「そちらの冷蔵庫から好きなやつをどうぞ」と。

なるほどね。
北海道・特に紋別では見ないけれど、
東京や大阪ではこういう自由なとこあるよね!

ハイボールも

レモンサワーも。
日本酒も。
あらゆる酒が揃っている。

そして、セルフな分、
お値段もとっても良心的。
これはいいね!

お酒を待つ時間もないし。
最高じゃないか!

明日へのおまじない

今日は随分飲んだから。
せめて、ゴクゼロ。
居酒屋で痛風対策できるなんて、
これ助かるわぁ。

ゴクゼロがあるなら、
まだまだビールでおかわり攻めれる!

本場のお好み焼きを目の前で焼いてくれる!〆にも!

美しいね!

そしてなんともエコだよ!
皿じゃないからね。
アルミホイルだからね。

いいじゃん、いいじゃん!
この荒々しさたまらない。

仮に残しても
クルッと巻いて、ポケットへ。
お好み焼き専門セルフ酒店 なにわ。
これが紋別スタイル。都会的。

マスターも痛風

あら?
もしかしてマスター。。

「そちらの(痛風の)方ですか?」

やっぱり!
マスター、ビールみればわかりますって!
自分も飲むんですよね?ふふふ。

そうとわかれば、
1杯飲んでください、どうぞどうぞ!

ゴクゼロを手に取っていたねw

めちゃうま!

ああ、キタコレ!
最高のお好み焼きじゃないか!

ふわふわで美味しい。
やっぱり本場の味は違うよね。

夜中に食べるお好み焼き。
この罪な味よ。

「これは早めの朝ごはん」と
自分に言い聞かせ、甘やかしたよ!

ということで、皆様。
お好み焼き専門セルフ酒店 なにわ、最高ですよ。
紋別の夜にいかがでしょうか??

HADAKA DENKYU

お店情報

大阪 お好み焼き専門セルフ酒店 なにわ
〒094-0004 北海道紋別市本町6丁目4−20
電話番号: 080-6092-6614
営業時間:18時00分~2時00分
定休日:日曜日
※情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA