ちょっ…そんなわけないじゃん!ハマってないって!!またしても「青のれん」

青のれん(旭川市豊岡6条4丁目)

ちょっ…!
バカ言っちゃダメだよ。

ハマってない、ハマってない。
偶然、お昼に店の前を通ったもんだから。

先日、アップしたばっかりだってのに。
無性に食べたくなったなんてそんな。

だって、ここのラーメン。
完全にふりきってるからね。

クレイジーですらあるよ。

青空青のれん

清々しい春の陽気。
小鳥もさえずって気持ちが良い。

これから背脂の世界に飛び立つとは思えない。
爽やかな風が頬を撫でるよ。

ぐはっ!!!

今日は、「とんから」にしてみた。
すごい一杯が登場だ。

破壊力がハンパない!

例えばだよ。
裸電球は山岡家大好きさ。
それでもアンチに会うよね。

青のれん。
ここも同じ雰囲気がするわ。

いい。いいわ。
今回で確信。

裸電球、ここんちの子になる!

こうなったら全部いくぜ!

それぞれにカッコ書きがあるのもラブ。
今回はとんからだから、「赤丸」だね。

ごっついゾーンを越えた後に、
「だし塩」なんて待ってるんだから、
やっぱり最高だ、青のれん。

こってりの向こう側

ズズズのズーと、
中性脂肪の未来をたぐりよせるよ。

今日は麺がダマになっていなかった!
それだけで嬉しい。

自分はイタリア人。
なんだって明るく笑い飛ばす精神でね。
それがこのお店の魅力なんだから。

のまさるわ~

そして、一口飲むごとに、
こんなに後悔するスープは珍しいよ。

でも、止まらない。

ああ、裸電球。
カフェとか美食のブロガーじゃなくて良かったよ。

ハードコアで、振り切ったスープに、
尻尾振ってもいいんだもん。

好みが3:7で分かれそう


まさに、好きな人だけ好き。
「ヘンリー塚本」作品みたい。

そりゃ、みんな見ないかもしれないよ?
でも、誰も見ないなら、
ヘンリー塚本監督は、あんなに撮らないよ。

いや、まてよ。
もしかしたら。

誰も見なかったとしても、
ヘンリー塚本監督は撮るんじゃないだろうか。

そういうこと。
このラーメンも、そういうこと。

とんからはエビなんだね

とんこつは「フライドガーリック」だったよ。
メニューによってトッピングが変わるんだろうか?

ああ、楽しい!

店主もかなり独特の雰囲気のある方で。
ほんと、のれんをくぐった先は異空間。

ほんとうまい!

何なの、青のれんのチャーシュー!
トロトロで最高なんだけど。

キロで!
キロで仕入れたい!

次こそチャーシュー丼か、
チャーシュー麺にしようと思うんだけど、

なんせスープの破壊力を知ってるもんだから、
おっさんは躊躇しちゃうよね。

ということで、青のれん。
ラブっす。

HADAKA DENKYU

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
1回目食べた時はこてんぱん。2回食べに行くとおや!?そして3回目で戻れなくなるっていうやつだと思う。

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA