禁断の聖地 ホープ軒のラーメン

ホープ軒(千駄ヶ谷駅から5分くらい)

裸電球の思い出のラーメン。
東京時代はよく食べたぜ。

今は山岡家ジャンキーだけどさ、
言い換えるなら、ここが食べられないもんだから、
山岡家で補っている部分もあるからね。

千駄ヶ谷のホープ軒。
山岡家ファンなら一度は聞いたことある名前でしょ?

また不便なとこにあるんだ

千駄ヶ谷だよ、千駄ヶ谷。
このマチに所用がって、ないわ!!!

いちいちここのために乗り換えして向かう。
みてごらんよ。
まわりもなーーんもないからね。

それでいて24時間営業。
おまけに3階建て。

さらに1階は立ち食い。

ハンパないぜ、ホープ軒!!

闇夜の券売機

これを買いましょう。
ラーメンは700円です。

地獄への切符は店員さんに渡しましょう。
すぐにブツは運ばれてきますからね。

男は黙って1階席!
立ち食いでいこうぜ、ホープ軒!

水ではなくジャスミン茶

ホープ軒といえばコレ。
クドいから配慮なのかな??

爽やかなジャスミン茶が用意されている。
ああ、帰ってきたなと思う瞬間だね。

ただいま~!!

テーブルに置かれた瞬間に、
すべるすべる!

ドンブリ、すべるすべる!
カウンターの傾斜をスーーーー。

背脂チャッチャなんて言葉があるけど、
ここではそうはいきません。

背脂チャッチャッチャッチャッチャ!
スープというより、背脂です。

これが甘くてうまいんだ~。

至福のズーーー!

ごっそり太麺。
そうそう、この味!

山岡家の方がはるかに濃いんだ!
ホープ軒はどちらかというと「優しい」んだよね。
意外でしょ?

まずはデフォを楽しんで、
自分好みに調整するよ!

入れ放題のネギ

テーブルに用意されているからね、
怖がらずにたっぷり入れましょう。

店員もさ、「武闘派」っぽい人が多いから、
緊張するかもしれないけど、ボールに少ないときは遠慮せず。
お代わりをもらいましょう。

これを入れてカラメに

この日は飲んだあとだったから、
特にカラメは必須だね。

右の黒いやつをドボドボと投入!
うまいぜホープ軒!

あああ、ズズズのズーがとまらない!

チャーシューも健在

どこが美味いか説明しろと言われると、
何も言えないんだけど。

これがホープ軒のチャーシューなのさね。
柔らかくてうまい。

スープは飲むか悩む

学生時代ならまだしも。
裸電球だって身体のことを考える歳になった。

どう、このスープ。
ちょっと躊躇しちゃうでしょ?

もちろん、飲むよ!
ドンブリの底めがけて飲んでやったよ!!

さて東京での修行も終わり、
明日は北海道へ戻ります。

またいつか、ホープ軒。
それと、東京!

HADAKA DENKYU

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
店員さんのTシャツ売ってくれないかな~

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA