東光の胃袋を支えるキッチンサンボ

キッチンサンボ(旭川市東光16条5丁目)

またまた満腹街道一直線。
東光のソウルフードを生み出すお店、キッチンサンボ。

前回は魅惑の組み合わせ、生姜焼きピラフをご紹介したが、
他にも破壊的なやつがある。

裸電球ぶら下げて-さんぼ看板

サンボって名前が可愛いよね。

キッチンでサンボだよ?

そもそもサンボってどんなだ?可愛いよね。

$裸電球ぶら下げて-すぱかつろんぐ

これですよ。
キッチンサンボで生姜焼きピラフと人気を二分してるのは。
スパゲティーカツ、略してスパカツ。
その名の通り、大きなカツがズドンと鎮座している。

すごいボリュームですよ~、食べ盛りかかってこいって感じ。
スパゲティの上にはたっぷりのミートソース。

裸電球ぶら下げて-スパかつアップ

食堂の味ってより、完全に洋食。
ソースはワインをたっぷり入れて煮込むそう。

麺は表面がカリッと炒めてあったりで食感も楽しい。
そして注目すべきはカツ。

生姜焼きのお肉同様に冷凍は使わないというこだわり。
だから、肉汁が溢れてくる。
うまい。これはうまい。

東光のソウルフード。
みなさんもいかが??


北海道食べ歩き ブログランキングへ

HADAKA DENKYU

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA