山岡家の研究~まさかの怪談~

山岡家の研究~まさかの怪談~

 

 

夏なんで、

怪談話でもしましょうか。

 

ねえ。

たまにはこんな日もいいでしょう。

 

怪談話のスキマに、

山岡家の写真を挟んでいくっていう、

本編と全く関係のないブログ。

 

これ、来るところまできてるね。

 

 

夏の熱い夜

 

この入りだしで思い浮かぶのが。

2つあるんだけどっちにする?

 

①墓場だよ、女の人!

②ウッズ、炭鉱跡地でハイになる!

 

 

 

 

 

電球の同級生

 

タイガーウッズに似てるから、ウッズ。

このウッズと美唄の我路っていう炭坑跡地に行った時のこと。

 

みんなチャリだったんだけど、

ウッズだけ、その日、チャリなくてさ。

 

2人乗りはいけませんっていう、

キッチリした年齢ではなかったけれど、

だれもウッズを後ろに乗せたがらなくて。

 

ウッズは我路っていう心霊スポットまで、

およそ7キロを走ったんだ。

 

 

廃墟ダラケ

 

炭坑が閉山して、

我路は廃墟がいっぱい。

 

たくさんの人が亡くなってるから、

大きな慰霊碑も建ってるんだよね。

 

そんなエリアに向かっていたところ。

橋の下から、なんか変な声がしたんだ。

 

「ふぅぅ~」 って。

 

 

おい、聞こえたか?

 

いま、唸るような声、したよな!

したよな!

 

俺、聞こえた。

おまえも聞こえた?

 

聞こえた!!!

 

ヤバいって!

チャリをこいで一目散にその場から逃げるガキたち。

 

 

 

あっ!ウッズ!

 

あいつ、運動神経もそんな良くないし、

吹奏楽部でチューバ吹いてるから、

絶対に足遅いじゃん!

 

 

暗闇に光る白目

 

なんとまあ。

ウッズ、チャリの本気こぎについてきてる!

 

腕振って、ももあげて、

ぴょこぴょこ軽やか、

綿毛のように走ってる!

 

 

 

 

 

「ウッズ、大丈夫か!」

「あのねぇ、全然疲れないの!」

 

 

 

 

 

 

「おい、チャリ抜かしてるじゃん」

「むしろ気持ちいい!あああぁぁ!」

 

 

 

 

 

 

憑りつかれたのか、

ランナーズハイか。

 

その後、幸楽苑が旭川を撤退し、

店長だった彼を見たものはいない。

 

 

 

HADAKA DENKYU

 

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
いつもならすぐ息があがるのに、何で今日は疲れないんだろう、ねえ、なんでーって怖かった。

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA