【綴る】お前、酒場に育ててもらったんだよな?その酒場が死ぬぞ

光に集まる虫のように、
その温もりに集まった。

毎朝6時更新グルメブログ、
裸電球です。

ネオンの明るさに飛び込んで、
飲んで、飲んでの日々だった。







今、いい年齢なんだ。
今年は勝負の年だったんだ。

言うならば、酒場のカウンターに、
やっと受け入れてもらえる年齢。

今までは下積み。

ガキが酒場で日本酒飲んでも響かないんだ。
これからが本当に伝えたいことだったんだ。
その、年齢になったんだ。

酔った裸電球が、よく語っていた夢。
「酒場の第一人者になりたい」

いや、自分の話なんぞ、どうでもいい。







保守してるうちに、
お前を育てた酒場が、死ぬぞ。
生きたお前が、戻る場所が、死ぬぞ。







今年は死がべっとりとついてくる。

生き残ったら、何をやりたいか。
病室で毎晩書き殴ってたろ?

やっと食べたメシを全て吐き出した便器に、
何を叫んだか忘れたか。

それはどーしたんですか。
忘れてしまったんですか。







裸電球のように小さな光でも
地域を人を、照らしたい。

それが、今だよな?

HADAKA DENKYU




スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA