富良野・支那虎で中毒性の高い一杯に出会う!

支那虎 (富良野市幸町12-6)

富良野グループの役者さんと、
かれこれ数年ほど前から
お仕事させていただくことがあって。

毎回、演劇工場で開催される劇は観に行くんだ。

ノクターン。
休みがとれず、千秋楽。
予約はなしさ。

ダメ元でポンコツのPANDAに乗り込む。
道中、寒い寒い。

テントがむき出しで走ってるような車だからね。

はい到着

あっという間さ!
ブログは便利だね。

役者さんに直電話してしまうのは、
なんだか気を使わせそうで悪いので、
富良野に着いてから代表番号に電話。

「もしもし~このあとなんですけど入れます?」
「すいません、満席です」

「うわ~、そうですか。旭川から来たんですよ」
「立ち見でよければ…入れますが?」

人は醜い生き物さ

ついさっき。
気を遣わせては悪いなどと言いつつ、
電話で状況確認後は、

「あの~、役者さんと仲良しなんですが」
「仕事で昨日も一緒でして」
「もう8年になるかな~」

なんて言葉が声帯を震わせたがっている。
ガッテム!

やめなさい、あきらめなさい。
やめなさい、やめなさい。

「立ち見ならご用意できるのですが…」
「わかりました」

ズズって帰ります

ふー。
人の皮を被った化け物になるところだった。←(なんだそれ)

さて、
初めてのここ。
支那虎だよ。

超人気店なんだね。
裸電球はすぐ座れたけど、
そのあと行列になってた。

みんな演劇が観られなかった人かな?

がっつし魚介でうま!

うわ!
こういうくっさいの大好き!

さかなさかなさかな~、
さかな~を~たべ~ると~な味わいだ!

昔、イオンの中にあった「魚介醤」好きだったな~。
あれの中毒性はすごかった!

最初は正直「??」だったんだけど、
後半は週に2回とか食べたもんな。

店主をたまにお見かけすると、
「早く作ってくれないと、もう!」なんてすがるんだけど、
「ふっふっふ」って笑われて終わるんだ。

そんな経緯もあって

魚介がっつりが好きなわけ。
久しぶりにそういう振り抜いたラーメンに出会って。
いや~、意外なところで大満足な昼食だ。

チャーシューもでかくて、
トロトロでうまい。

値段もまあまあするんだけど、そのあたりも納得。

こげ塩もやみつき

こちらは妻のLEDが頼んだもの。
ニンニクがすごいよ!
はんぱない!

演劇を観に行くぞと連れ出されたのに、ポシャン。

予約もしてないで、
よく富良野まできたねと、呆れつつ。
こうなったらニンニク食べてもいいねと割り切る。

ガテン系女子、LED。

こうなったら食べる!

うまそうなサイドメニューがあったので、
二人で分けて食べようと注文。

中央には卵。
これをプチンと割って、かきまぜて。

うまい!

ああ、食べたね。
演劇は残念だったけど、
ほら、飲んべえの聖地、
美瑛のあの酒屋で日本酒仕入れて帰ろうよ。

HADAKA DENKYU

面白かった、参考になったという方は是非!
ここをクリックしてください!
中毒性の高いラインナップだった!また行こう!

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA