コアな喫茶店へ潜入ルポ!喫茶&パーラーささき【旭川】

喫茶&パーラー ささき
(北海道旭川市豊岡1条2丁目1)

コアなファンが足繁く通う名店ってあるよね。

旭川市内でも、
ここはかなりのホットスポットだと思うな。

豊岡にある「喫茶ささき」さん。

何を注文しても、
想像を超えるアカデミックさだって聞くんだけど、
特にパフェ好きには、たまらない店なんだとか。

今日のオヤツはここにしよう。

豊岡と東光の狭間で、ウン十年の喫茶店。

外観が渋いよね

どれだけの時を、
どれだけのお客さんと過ごしてきたのだろう。

モノクロなくすみっぷり。
レトロなフォントが、心をくすぐるよ。

ゲームテーブル

その時代の人からしたら、垂涎ものなんじゃない?
ピッカピカに磨かれてるよ。

年季の入ったボタン

コーヒー飲みながら、
ポンとかチーとかやったんだろうな。

裸電球は残念ながら、
この時代を知らないんだけど、

あれでしょ、
勝ったら可愛こちゃんが一枚脱いでくのとか
あったらしいじゃない。

脱衣麻雀ね。

サラリーマンのそんな昼下がり、
ムッシュムラムラと、過ごしてみたかったなー
ズッコイズッコイ!

手書きの黄昏流星群

読みすぎて、表紙が色褪せちゃったのかな。
どんだけヘビロテされてるんだ。
弘兼憲史先生も幸せ者だね。

やめて、喫茶ささきさん。
これは笑うわwwwww

令和の時代にコスパ良すぎなメニューたち

安いよね~

噂によると、
軽食もボリュームあって、
うんまぁ〜らしいんだけど。

今日はパフェって決めてきた。
15時を狙っての来店さ。

チョコレートパフェ

そそるね。

桃缶と2色のぶどうにバナナ。
こんもり生クリームに、
チョコスプレーとアラザンを少々。

昭和レトロな喫茶店の雰囲気を
そのままパフェにしたような感じだよ。

これでもかって量

横から見て隙間なし!
パフェの鑑だね。

すごいボリュームなのが伝わるでしょ。
これで450円だかんね!!

バナナ、何本使ってんの!?

食べても食べても。
バナーナ、バナーナ。

フルーツパフェじゃなくて、
チョコパフェなのに、この量だからね。

まだまだフルーツ

パインに黄桃、そしてバナーナ。
出てくる出てくる!

450円でこれだけサービスできないよ!

やっと主役が登場

ぷっはー。
この時点で結構お腹いっぱいだよ。

チョコアイスの後ろに見えるのは
またバナーナ。
半端ない!

チョコアイスも平らげた頃には、
胃袋たっぷんたっぷんさ。

これで終わらないのが、ささきのすごさ!

付いてきた甘味品

なんとまあ。
パフェを頼んだらサービスでついてきた。

これでもかって甘いもの食べたのに、
別腹で入っちゃうから、いやよね〜

かりかりラスク

グラニュー糖がまぶされていて、
これまたオツ!

コーヒーと合わせたら、また美味だろうな〜

ふわっとケーキ

ここまでしてもらって、
ホントにサービスで大丈夫なの?

居酒屋だって、お通し代取られるのに。
450円で帰っていいの!?

ミシュランさん、ビブグルマンあげて!!!

というわけで、今回は、
喫茶&パーラー ささき さんの潜入ルポでした。

今度は、軽食メニュー食べに行こう!

HADAKADENKYU

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。