詩・誰の声で

誰の声で

今日は
とんでもなく昔の君が書いた手紙を
捨てました
君の声で再生されたので
私は懐かしくも苦い気持ちになりました

こんにちは
とんでもなく昔のインクが
話し出したのだから驚いたよ
間違いなく君の声だった

今この文字も
私の声になったらいいのにな

そうしたら
君の眼球貫いて
耳元で教えてあげたいことがあるのにな
そのまま脳みそ溶きほぐして
夜空に消えていくその前に

言葉は放つ
誰かの心に向けて
放つもの

文字は置く
自分の気持ちを
紙に置く

いつでも拾いにきなさいね
だから置いてそして去る


HADAKA DENKYU

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

1 個のコメント

  • スペースお借り致します。
    昭和の雰囲気たっぷりの超アナログな文芸投稿誌を発行しています。
    イラストや詩や小説やエッセイなどを掲載しています。
    私の名前をクリックして、案内だけでもご覧頂けるとうれしいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA