日吉◯で「座右の銘」を行ったり来たり

日吉◯(旭川市3条通6丁目)

丸の中に、
なんかぶっ込みたくなる、そんな店名。

これまでに何度もお邪魔してるのに、
なかなか酔っ払いで。

今回やっとシラフで参戦。
大人数が入れるお店なんだね。

4階ですよ~

スナックがたくさん入ったビル。
裸電球、ハシゴしても飲食店3軒とかだから、
あまり行き慣れてないZONEだね。

5階のかくべえさんは、
完全に飲んべえな店で好き。
今度、このビルだけでハシゴ酒してみようかな。

は~!通りゃんせ!

お通しのことを、
こう呼ぼうと決めて。

しかしながら。

自分でがっつりスベってることを悟り、
こっそり、使わないようにしてるのに。

最近、通りゃんせって言わないねって。
傷口に辛味噌を塗ってくる悪い先輩の多いこと。

竜宮城じゃん!

すでに頼まれて陳列する、
豪華なおつまみの数々。

刺身の不純異性交遊じゃん!(最近、盛られるとすぐこれ)

こういうオケっていうの?
舟っていうの?

これ欲しいわ。

食べられなかったフライ

なんのフライだったんだろうか。
大人数の飲み会だったからね。
写真だけ失礼して、
そのままスルーっと奥の席へ。

中はなんだろう。
想像しよう。

そうだな、この形状だから…。
ホタテではないな。
そして…おそらくカキでもないだろう。

はは~ん。
クリームの類か?
口内火傷させちゃうやつか?

一口ササミ。
いや、チーズ。

謎は深まるぜ。
みんなでモヤモヤしたらいい。

たっこで~す

わかりやすい。
なんてひねりのない赤字大フォント。

「迷惑かけてありがとう。」
すごい言葉だね、たこ八郎さん。

座右の銘。
これってひとつじゃダメなの?

裸電球、絞れないから結構あるんだけど。
超わかりやすいやつとしては、そうだな。

「笑う門には福来る」

まさにこれね。
がっはっはよ、がっはっは。

山岡家では、
「麺中盛りにする時は味濃いめ」

これも座右の銘。

ツブ食べるなら日本酒

こんな座右の銘もいかが?
もう言いたいだけ。

「煮ても焼いても生でもツブ」
これはツブの包容力を表す言葉。
どんな状況でも、
自分のポテンシャルを最大限に発揮する人に贈る言葉。

「ツブほじる時間に政治なし」
これはツブを爪楊枝でホジホジしてるときは、
どんな偉い人も、企んでいる人も、エアーポケットの中にいる例え。

「そろそろ終わりたい裸電球」
だいたいこれくらいの文字数書くと、
着地点を考え出す筆者。

終わります。

HADAKA DENKYU

ここをクリックしてください!
「押せば嬉しょん」これはここをクリックするとランキングに反映されるという言葉。

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA