詩・世迷言

世迷言

どーしょーもないと
しょーもないが
数秒ごとに交差する

昼でもなく
夜でもない
曖昧な時間を
堂々と夕方と言える大胆さ

あれは朝焼けだったのだと
言い聞かせるように
朝でもなく昼でもない
夜明けだったのだと

どーしょーもないと
しょーもないが
数秒ごとに交差する

脳天に振り下ろした
金属バットで
記憶
とくにどーしょもなく
しょーもない
足かせとなる記憶

脳みそごとドロッと溶け出して
路面温度30℃のコンクリに
いっそシミでもつくればいい

朝焼けなのか
夕焼けなのかもわからない
生きる屍だった記憶

忘れさせてくれないかな
夜のたびに
どーしょーもなく
しょーもない

HADAKA DENKYU

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA