詩・闇雲の夜に

闇雲の夜に

闇に雲
おまけに夜
見えないというより
見せないような
優しい夜なのかもしれない

それなら私も
ペンを止めようではないか

悲しい出来事
日本で世界で
これについて書くのも野暮だ
それでは私は
書くのを止めようではないか

朝がくる
言葉に生まれることができなかった
悲しい堆積物に
これでもかと青い色温度をぶつけて
朝がくる

寂しい

悲しい

ほんの少しだけ
自分のために
このペンを止めようと思うんだ

HADAKA DENKYU

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA