すすきので「あと1杯」のつもりで「3杯」飲んだらやっぱり泥酔することがわかった夜【札幌・ジガーバー】

サントリージガーバー
シティクルーズ
北海道札幌市中央区南3条西7丁目 FDREAA7 BLD 1F

裸電球ぶら下げて〜ということで。
今日も北海道を飲み歩き。

今回はこちらのお店を。
すすきので飲んでいて、
すでに3軒はしごしてご機嫌なんだけど、
ホテルに帰る前にもう1杯だけ飲みたくてさ。

でも、全く知らないバー行くの怖いじゃない?
だったら安心感のあるジガーバー!
今回の「シティクルーズ」は初めて行くけれど、
仕組み的には他のジガーバーと一緒だよね。




札幌の夜、静かにウィスキーを傾けよう

全国にあるジガーバー

それぞれ経営が違うんだって。
この日、マスターに教えてもらった。

へーそうなんだ。
ここも、ジガーバーって呼ばれるよりも、
地元の人や常連さんからは、
「シティクルーズ」って呼ばれることが多いって!

なるほど、知らないことはたくさんあるな〜。

1杯目はいつもの

ボウモア好きなんだよね。
ラーメンもウイスキーも、
クセのあるやつが好き。

人によって好みが分かれる系のもの。
大抵、好きだもんな。

そういうので苦手なのは、
パクチーくらいかな。

ドラクエ「ルイーダの酒場」並みに情報収集

マスターの飲食店情報

へー!
観光情報誌とは違う、
「活きた」話題のお店情報を入手。

やったね!
これで明日のお昼とか楽しもうっと。

そうだ、おつまみもたくさん。
キムチスナック、一口もらったけど、
これが美味しかった!

一口もらったから、
違うの頼もうっと。
(お前ってやつは)

裸電球の異名は「ピスタチオ坊や」だぜ

葬式で食べまくり

裸電球がまだ、
幼く、輝く瞳をしていた頃。

親戚の葬式で、
初めて食べたピスタチオ。

そのあまりの美味しさ、
「皮を剥く」という所作に、
こんな食べ物があったのかと衝撃。

それから、各テーブルのおつまみから、
ピスタチオだけを盗み取り、食べていた。

すると、親戚のおっさんが、
「お、ピスタチオ坊やがまた来たぞ」って。

アイアム、ピスタチオ坊や。
何この意味のない情報。

タリスカー専用グラス

この日は散々、散財ぶちかましたし。
高いやつは飲みません。

日常な感じの飾らないチョイスで。
続いてはタリスカー。

これ、久しぶりに飲んだけど美味しいわ。
専用のロックグラスで。
ちょっと傾いてるんだからこれ!
奥に入った透かしのロゴがシャレオツ。

ずっと見ていられる店内のオブジェ

有名な人が作ったやつ(失念)

時間になると動き出す、
電気仕掛けの飛行船。

中には「ノミ」が5匹。
元気に働いているんだ。
これは芸術品だわ。

このノミのコミカルな動きを見ながら、
ロックをカラコロしていたら、
時間はゆったりと過ぎていく。

ピンクなビルのこと?
考えてないって、へへへ。

最後はマッカラン

これは爽やかに。
ハイボールにしてもらった。
ああ、この豊かな香り。

ふんわり広がる甘さ。
やっぱ美味いな、マッカラン。

ということで。
札幌・ススキノの夜を、
ゆるりと過ごしてみてはいかがでしょう。

サントリージガーバー、
「シティクルーズ」さんにお邪魔しました!

HADAKA DENKYU

お店情報

サントリージガーバー シティクルーズ
〒064-0805 北海道札幌市中央区南5条西3丁目 ニューブルー・ナイル
電話番号:011-561-6644
18時00分~3時00分
※情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク


YouTubeでも尿酸値上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA